自分と繋がる、周りと育む ~ 安心感を思い出す ~

自分や他人との繋がり方・育み方をお届けします。活用して愛の拡大・循環していってね♪

理解されたい、って存在……否定?

見てくれてありがと。

 

『 ココロの繋ぎ手 』

埜澤和未 ( のざわかずみ ) こと

かずみん です。

 

 

 

★ はじめに * 【 活動への思い 】 繋がりたいが強すぎるあなたに。

 

 

 

さてさて、この記事の続きです。

 

 

aledivento.hateblo.jp

 

 

 

『 理解してほしい 』 が少し出たのは

 

『 誤解されたままは少し悲しいな 』

 

と感じたから。

 

 

 

・ 誤解 → 自分の思いを違って受け取られている

・ 理解 → 思いをわかること

・ わかる → 受け止める

 

もう、この辺り見ていきながらゴチャゴチャしちゃって。

受け止めると共有が繋がってたり

 

自分の中での、受け止めると受け入れるが思うより

ゴチャゴチャしてたんだなぁ、って

見直す良いきっかけになったのね。

( 今後、その辺りはメソッド上で書くつもりだったから )

 

 

結局、理解 = 受け止めるって

 

【 存在してる、と見る 】

 

つまり、認識するっていうことだから

 

『 理解されない = 存在否定 』

 

っていう解釈が出来上がっちゃってたわけ。

 

 

 

【 存在否定 】

 

前回書いた記事でも出たけども

 

『 見られる = 存在否定 』

 

になっていたというのが前回。

 

で、今回は理解されない……

 

つまり 『 見られない = 存在否定 』

 

 

見られても、見られなくても存在否定って!!

その割りに 『 理解されたい = 見られたい 』 だよ。

 

矛盾!超矛盾!!

 

 

見られたいのが、存在肯定だと思ってるのに

見られるのが存在否定だと思ってるんだもん。

ゴチャゴチャだよね。

 

つまり、周りの目がどうであろうと存在否定のまま。

常に自己否定しているようなもの。

※ 否定・肯定って感じてるのは自分に対してだしね

 

 

ここで見るは 【 存在 】

 

存在って何ぞや?って見た時に

 

『 在ること 』

 

って出てきた。

 

 

存在 ( 在ること ) に対して

否定や肯定してる。

 

そしてそれは、周りの目がどうであろうと

否定って認識してる。( とりあえず上記の場合ね )

 

自分が、自分っていう存在を認識すれば

もうそれが肯定、なのに

 

他人でそれを変えたいの?って話なんだよね。

 

 

自分の存在ってさ、嫌でも認識するやん。

五感が反応したら、それは自分のカラダが感じてるから

存在してるのは明らか。

 

魂だけになった時、どう感じるかはわからないけど

少なくともこうやって生きてる内は

存在してるって認識する。

 

自然と存在肯定してる。自己肯定してる。

 

 

だったら、わざわざ他人を通して

自己否定しなくてもいいじゃないか。

 

 

理解されたい?

 

理解されようが、されまいが

自分の存在には何も影響はない。

 

 

で、理解したいっていうのも

ただ事実を受け止めるだけで

相手のその思いの存在を認めるだけでいいのさ。

 

 

後はさ、例えば一緒に暮らしてて

こういう風にやっていきたいなっていうのがあったら

落ち着いてる時や、話し合う時に自分がどんな空間がいいかとか

その空間作りからしてみてもいいし

 

一つ一つ自分の望み次第で

相手の思いを聞いてみたり

自分の思いを話してみたり

 

こういうことを話したい、も

そこに話すきっかけの思いがあるかもしれないし

 

まぁ……実際やってみないとね

人それぞれ距離感って違うからさ

試してみると良いと思うんだよ。

 

 

ただ、自分はどう思ってるのか。

相手とはどう育んでいきたいのか、ってだけで

 

相手をコントロールしようとするんじゃなくて

あくまで自分がどうするか決める為に

思いを聞いて参考にしていくのが

相手との距離感の掴み方で、育み方だと思うんだ。

 

 

そしてそれも、絶対ではなくて

人によってはコロコロ変わるし

 

色々試しながら、育むって

他人がいるから出来ることだよね♪

 

魂は元々一つなのに

自分一人だけじゃないから、色んな体験が出来る。

 

 

だからこそ、選んでいきたいし

やってみたいな~と思うんだ。