安心の中、自分のままで。持ち味を活かして、あったかいセカイの拡大を。

安心ベースの中で、自分の本音に気付けるものを届けたり 持ち味を活かしていくアドバイスをしていくよ♪

ケンカツを見て思う、誰にも言えない苦しさ

『 安心ベースで自分を生きる 』 サポートをしている

埜澤和未 ( のざわかずみ ) こと かずみん です♪

 

 

 

★ 現在募集中なもの ★

 

 

◎ 8月31日23:59締切

★ 生きやすくなる考え方の拡大。

【 ご協力お願いします 】 ドMな生き方はしなくていい!

 

 

◎ 3名さまモニター募集中

★ 現在地を知ることで望みに向かって動きやすくなるセッション♪

【 セルフケアマップ モニター募集 】 現在地を知って、望みに向かって地図を描こう♪

 

 

◎ 5名さまモニター募集中

★ マルをすることで安心感が増えて、ほっこりしていくセッション♪

【 まるっとギュ~ モニター募集 】 安心できなくて、満たされない感じがあるなら。

 

 

 

ドラマ 『 健康で文化的な最低限度の生活 ( ケンカツ ) 』

見ているとさ、ホントリアルで自分が生活保護

悶々としていた頃を思い出すんだよね。

 

 

 

寄り添ってくれるケースワーカーさんもいれば

ただ、淡々とやることこなすケースワーカーさんもいる。

 

 

私はさ、生活保護が決まって

すぐに担当変わったんだよね。

確か翌月。

担当が変わったこと、しばらく知らなかったんだ。

何も聞かされてなくて

何度か伺う内に知った。

 

その次の人以降はお知らせあるけどね。

 

 

でね、そのすぐ変わった後の担当 ( つまり2人目 ) とは

まー、色々あったんだよ。

 

元々、うつになって働けないからって

生活保護受けることになったんだけどさ

 

障害年金の手続きが進まない中で

きっとそのケースワーカーさんもイライラしてたんだろうね。

 

『 いつ終わるの? 』

 

私が聞きたいわ!って思ってたし

( しかも勧めたの、あなたじゃないですか!ってね。

 結局その勧めた理由も受給開始になってひっくり返るという )

 

 

その中で

 

『 そんだけやっても成り立たないなら辞めた方がいい 』

 

って活動のこと言われて

理論的にはそうかもしれないけど

元々今、出来る範囲で活動していきたいって話で

生活保護を受けたんだよね。

 

 

だから、その当時の私にとっては生き甲斐。

だからそう言うのもわかるけど、こっちだって精一杯なんだ!って

毎回 【 精神的自立は無視か! 】 って思ってた。

 

 

……まぁ、最終的に

 

【 うつを理由に出来ない自分でいようとしてた 】

 

ってことに気付いて

もっと打ち込もう、ってなった。

 

 

たださ、私は元々カウンセリングを受けて

ちょっとずつ生きやすくなってきた時に

色々抱えすぎて、自分にウソついてうつになっての

生活保護、だったからさ

 

その流れで潜在意識を学んだり

ビジネスのことを学んでる中でコーチング学んだり

って感じだったから

 

視点がどんどん変わって行った分

ケースワーカーさんからのコトバに病んでいきながらも

何とかやっていけたのかなぁって思ったの。

 

まぁ、同居人の存在も大きかったとは思うんだけどさ。

 

 

誰か相談出来る人、話を聞いてくれる人。

そしてそれを受け止めてくれる人。

 

 

生活保護受給者の当事者が

頑張らなきゃ、何とかしなきゃ

っていうタイプだったら、そういう人がいるだけで

すごく、楽になれるんだろうなって思ったんだよ。

 

 

だってさ、正直な話

もし私が当時、考え方が変わってきて

視点が変わってきてなかったら、

同居人がいなかったら……

 

って思うとね

病みすぎて、命捨ててたかもしれないし

 

命捨てかけて生きよう、と思った経験はあったから

生きてはいても、引きこもってたかもなぁ

 

なんて思うんだよ。

 

 

同居人がいてもさ、めっちゃ病んでたし

パニック起こして、爆発したこともあったから。

 

 

 

生活保護の人に限らずだけどさ

一人で抱えまくって

 

自分を責めまくったり

ダメだーって思いまくってるならね

 

まずはそう思ってる自分がいてもいいってマルしてあげて。

そして、本当は頑張りたくないって思ってる自分も

マルしてあげて。

 

自分のペースでいい。

周りは色々言うかもしれない。

 

だけど、時にはちょっと立ち止まることも必要。

 

 

そのまま走り続けて

1ヶ月休んだけど、また走ろうとして

自分の命の危機を感じて、私は立ち止まれた。

 

1ヶ月休んでる中、働くことが決まって

母方の祖母が他界して

その約2ヶ月である年明けに

うつの症状が強く出て、仕事休むって決めたら

父方の祖父が他界して

その間、休む時間の必要性をじっくり感じられたのも

大きかったんだと思う。

 

 

結果的に、自分のプライド捨てて

色々相談する中で、生活保護を選んだけど

 

それはさ、色んな条件を取っ払った上で

自分が一番、何を望んでるかって選んだ先が

たまたま生活保護だったんだけどね

 

 

その命の危機を感じた時もさ

ずーっとフラフラしていつ倒れるかわからないって

そういう不安感を抱えててさ

 

生活するお金と働けるカラダと天秤にかけたんだよ。

 

 

命があれば、また働ける。

命がなくなったら、もう働けない。

 

 

仕事バカだからさ、働くことだけ当時は考えてたけど

根本は 『 生きる中の可能性 』 にかけたい、って思ったんじゃないかな。

 

 

だからね、ちょっとでもいい

ふっと自分に休息を与えた時に

自分が本当は何を望んでいるのか

じっくり感じてご覧。

 

あなたの内側に、答えがあるから。

 

 

 

★ 現在募集中なもの ★

 

 

◎ 8月31日23:59締切

★ 生きやすくなる考え方の拡大。

【 ご協力お願いします 】 ドMな生き方はしなくていい!

 

 

◎ 3名さまモニター募集中

★ 現在地を知ることで望みに向かって動きやすくなるセッション♪

【 セルフケアマップ モニター募集 】 現在地を知って、望みに向かって地図を描こう♪

 

 

◎ 5名さまモニター募集中

★ マルをすることで安心感が増えて、ほっこりしていくセッション♪

【 まるっとギュ~ モニター募集 】 安心できなくて、満たされない感じがあるなら。

 

 

★ お役立ち記事や新月・満月のメッセージなどお届けなLINE@

友だち追加

上のボタンから追加できない場合は

『 @xwz9007b 』 を検索して追加してね☆

 

 

 

★ その他

プロフィール * 活動内容

感想 * お問い合わせ・相談受付フォーム