安心の中、自分のままで。持ち味を活かして、あったかいセカイの拡大を。

安心ベースの中で、自分の本音に気付けるものを届けたり 持ち味を活かしていくアドバイスをしていくよ♪

何でそんな風に言うわけ!!?

誰しもが自分の解釈で生きてるから

その解釈によっては

 

目の前の人に

 

怒ったり

悲しんだり

爆笑したり

共感したり

スルーしたり

 

まぁ、色んなものが出てくるよね。

 

 

それも自由。

ただ、自分が本当にその解釈が良いと思ってるのか。

 

思ってるなら、そのまま突き進めばいい。

だけど本当は違うのなら、本当の望みを拾ってみよう♪

 

 

というわけでね

先日、同居人に洗った食器を片付けるのを頼まれていてね

私がそれをするまで、同居人が出来ることを

って一部洗い物してて。

 

何を洗ったかわからなかったのと

一部空きがあると、置くこともあったから

( といっても、時間差で洗って一部拭くってやってたのが

 そういう認識になってた気がする )

 

『 えっと、これ……どれ拭いたらいいの?

 何洗ったのかわからないから…… 』

( だったかな。ちょっともうあやふやなんだけど )

 

って聞いたら、

私が聞きたい 【 拭くもの 】 ではなくて

違うことを答えられたんだったかな。

 

同居人的には、洗った方に対して答えるというので

軸にして見てるものが違うようになって

すれ違ってるんだよね。

 

こういうこと、日常ではあるあるだし

『 いや、そうじゃなくて 』 って

話題をすり合わさないとわからなくなるから

と思って言う中で

 

『 理解力乏しいから 』 って言われた時

モヤッとしたのです。

 

以前も同じようなことがあったんだけど

これは、私が 『 理解力乏しい 』 ということに対しての

解釈が 【 自己卑下 】 だったから

 

『 何でそんな風に自分を卑下するようなことを言うの!? 』

 

ってなるのね。

 

 

そういう時ほど、自分が上とか下とかに捕らわれてる。

こうじゃなきゃいけない、とかね。

 

でも別に同居人的に自己卑下でもないわけ。

前に言った時、ただ理解するのがゆっくりっていうのを

認めてるだけって話は聞いてたから

( 過去と今は違うかもしれないけど、

 とりあえずそういうことにしといて )

 

ふっと立ち止まった時にその思いをじっくり確認して

『 そんな風に見たいわけじゃない 』 ( 感じてマルする )

 

じゃぁ、どうしたい?

『 もっと違う解釈したいなぁ。上も下もないセカイ。 』

( どうしたいか選ぶ )

 

 

理解がゆっくりってことは

理解しようと丁寧に触れるでしょ。

そうやって丁寧に触れるって、

思いに寄り添っていくってことだから

それだけ相手をわかろうとする

とてもココロ優しい人なんだ!

 

というわけで、こういう解釈がしたい!

『 理解力乏しい = ココロ優しい人 』

 

よし、設定変えちゃおう~と

そういうことにしてみました。

( これもどうしたいか選ぶ )

 

 

そうしたら、モヤッとしてたのがすーっと引いて

ありがたいなぁ~って溢れてきて

 

でも、同居人もモヤモヤしてるかもしれないし

もうちょっと落ち着いてから、とか思考出てくるから

とりあえずその時、どうしたいかって思ったら

 

『 思い込みに気付かせてくれてありがとう 』 って伝えたい

だったから、伝えるだけ伝えたら ( 行動 )

 

戸惑われたけど、拒否られることもなかった。

 

 

その時、同居人が何を感じて

何を思っていたかはわからないし

 

もしかしたらモヤモヤしてたかもしれないけど

自分はとりあえず、切り替えられたのね。

 

 

例えばこれでさ

相手が悶々としてても

それを何とかなんて出来ないわけよ、自分にはね。

だって、コントロールすることだもの。

流れとして、それが変化するかもしれないけど

何とかしようと出来ないからこそ

 

自分の思いに、望みに集中なのです♪