自分との仲良し度UPは自分らしくゆるむ第一歩 ~ セルフケアデザインで自分を知ろう ~

『 思い 』 を拾って自分との仲良し度UPしたら 自分らしくゆるめるよ。

期待に応えられなくてごめんなさい

【 期待に応えられなくてごめんね 】

 

き…た…い……!?

え、期待に応えられなくてごめんってーーーー!!?

 

唖然とするわ。

そんなつもりなかったもん。

 

 

仕事辞めたこと

聞かれたから母に伝えたの。

 

ビックリされた。

で、応援された。

 

……というスタンプが返ってきた ( by LINE )

 

 

応援されて嬉しくなった。泣きそうになった。

同時に、もう疲れたってしんどくなった。

仕事したくない、って吐き捨てるように

自分の中から出てきたよ。

 

 

別に母に強制されたことないし

今回だって自分でやるって動いてたし。

 

まさかの期待に応えようとしてる自分が出てきたから

安心させたい、というのは

もうずっと前からあったけど

 

それも、落ち着いたと思ってたのになぁ……。

 

 

そもそも高校卒業して仕事を始めたのも

声優の養成所に通いながら

とりあえず仕事した方がいいって思って

 

当時は声優になるって決めてたから

繋ぎ的な感覚もあったと思う。

 

その感覚は次第になくなってはきたけど。

繋ぎだから、みたいな理由は出てこなかったし。

 

ただ、仕事をした方がいいという

社会人なんだからっていう

そういう社会の当たり前的なものはあったかも。

 

 

私、社会不適合者だもの。

そんな当たり前な感じでは生きられない。

 

【 社会人 = 働かないといけない 】

 

え、誰が決めたん?

 

私の中で社会人って学生卒業したら、だったのね。

 

 

それ、どんだけずっと働かなきゃいけないの。

考えるだけでもぞっとする。

 

 

私ね、高校が就職校で

大学なり専門学校に行くという選択はなかったんだよ。

声優の養成所に通ってたし

それならーって自然と就職コース。

 

それまでバイトしたことなかったから

正社員って選択しかなかったし……

それ以降はバイトにしたけど……

 

完全に働くのが当たり前だと思ってたなぁ

って書きながら思ったよ。

 

 

今も、仕事のこと考えたもんね。

どれだけ仕事人間だよ。

 

 

こうやって色々出てくると思うね

どれだけ自分をがんじがらめにしてたんだろうって。

 

あー、もっと真剣に自分の生き方考えた方がいいわ。

これまでの常識ぶち壊してさ。