自分と繋がる、周りと育む ~ 安心感を思い出す ~

自分や他人との繋がり方・育み方をお届けします。活用して愛の拡大・循環していってね♪

素直な自分を溢れるままに

おや……昨日から何か違うぞ……?

 

そう思ったあなた!そうなの、ちょっと変えたの!

 

 

見てくれてありがと。

埜澤和未 ( のざわかずみ ) こと かずみん です。

 

名古屋からお届けしてます。

 

 

この挨拶も、溢れてきたら書こうってしてるんだ。

 

 

私ね、上手く行ってきた~とかね

テンション上がると

す~ぐ調子に乗るタイプで。

 

それはそれでいいんだけどさ

そうすると、視野が狭くなったり

ぐいぐい行っちゃうのね。

 

 

でさ、昨日未佐子さんとやり取りしてて

素直な自分を出すことは日常ではあったけど

それをWEBで出すってことはほとんど無くなってたの。

 

ブログなんて特にね!

 

『 教えたい 』

『 伝えたい 』

 

結果を出したこと。

つまり 【 私出来てる 】 ってこと。

 

出来てるから、教えよう。

出来てるから、伝えよう。

 

その裏に認めてほしい自分の

『 私すごいでしょ 』

があったなって、薄々感じていたことが

ガツン、と表に出てきた。

 

うん、女王さまでいいや。

それが私、って思っていた所は

 

実は、臆病な自分を隠すものだった。

 

 

ただ、自分軸で堂々と生きてる自分。

それもいるから、全部じゃない。

 

でも、認められたいって思いが

完全になくなったわけじゃないのは

自分でもわかってたし

 

その認められたい思いの中の

上から目線の自分じゃなくていいよ

っていうのはやり取りの中で気付いたところ。

【 上も下もないよ 】 って2回も言われたのも

大きかったけども

 

説明しようとする自分が

先生でいたい自分が

上でいようとすることで

自分を守ろうとする自分が

 

いても、どうしようもないし。

そういうもんだし。

 

そう思ってたけど

 

弱さを認めたら

もうちょっと、力を抜くことが出来たかなと思った。

 

 

ただ友達にお話するようにやればいいじゃない

とか思ったけど

多分そこを考えると、キリがない。

 

 

昔の方が、やり始めた頃の方が

よっぽど素直だったんじゃないかって

そう思って、その時の感覚を思い出そうと

今の感覚で書いてる。

 

今日、出かけている途中にね

言語化出来ない時って他に手段があるのか

 まだ言語化しなくていい時なんじゃ』

って思ったんだ。

 

見やすさとか、言語化しようとしてたから

素直さから遠ざかってたなぁ~って気付きもあったりさ。

 

 

伝えようとすることが

素直じゃないかっていうとそうじゃない。

それは昨日書き終えてみてわかったこと。

 

 

まぁ、恋愛だーって前に出したことは

私がキラキラ星を見~つけた☆って感じだったから

そういう辺りが書きたくなる可能性は高くなると思う。

 

わからないけどさ。

流れに任せてみようって思うよ。