安心の中、自分のままで。持ち味を活かして、あったかいセカイの拡大を。

安心ベースの中で、自分の本音に気付けるものを届けたり 持ち味を活かしていくアドバイスをしていくよ♪

敏感だから?

敏感だから、ではなくて。

 

見てくれてありがと。

埜澤和未 ( のざわかずみ ) こと かずみん です。

 

名古屋からお届けしています。

 

 

冒頭の 『 敏感 』

最近、敏感や繊細、HSPなどの本が

すごくすごく増えたなって思うんだよね。

 

で、もうずいぶん前から上記だから生きづらい

と聞くのに違和感があったんだよ。

 

 

確かにね、感受性が強いから生きにくい

何でこんなに色々受け取っちゃうの!?って思ってた。

 

で、ネガティブにフォーカスしてたら

ネガティブに敏感にはなるよね。

 

だから苦しい、しんどいってさ。

 

だけど感受性が強いって

それだけ面白さ、美しさも発見出来るってこと。

 

だからとても 『 そうだから 』 って守るばかりに見える

それらが、イヤだったんだなぁ……って

今日、色んな本に触れて思ったのです。

 

元々ね、守ってきたからこそ

そうじゃなくてさ、って言えることがあるんだよね。

 

 

あのね、自分を保つコツとか戻すコツとか

前の記事でちらっと書いたけどさ

 

基本的に自分がなかろうが ( 敏感だろうが )

自分があろうが、やることは一緒。

 

感情を感じきって

素直な思いにマルして

どうしたいかって選ぶ

 

そんな 【 セルフケアデザイン 】 をやっていくだけ。

 

ただね、他者との境界線が薄い人は

まず自己と他者を分離するっていうのが

結構大変だったりするから

 

ワンクッション入れたり

意識的に自分に集中する。

 

具体的なことは個人個人違うと思うから

お話会で話せたらと思ってます。

平日にやるつもり。

3月上旬には考えてまーす。

 

 

だからさ、特別視するものでもない。

 

ぶっちゃけ、自分に戻れば戻るほど

敏感にはなるから。

 

で、敏感になれば確かに感じやすくなるけど

それだけ自分の本音がわかるからさ。

それだけ、自分の心地良さがわかるから

楽に生きられるようになるんだよ♪

 

ほら、敏感だからって色んな感じていること

それを閉じ込めないで。