安心の中、自分のままで。持ち味を活かして、あったかいセカイの拡大を。

安心ベースの中で、自分の本音に気付けるものを届けたり 持ち味を活かしていくアドバイスをしていくよ♪

そんなに休むことが怖い?

いつも見てくれてありがと。名古屋からお届けしています♪

 

『 ◎ 素直な思いにマル ◎ 』 

 

埜澤和未 ( のざわかずみ ) こと かずみん です。

 

 

休みたいけど、迷惑かけるから

休んだら、お金が減るし

休んだら、取り残されるから

休んだら、嫌われるから

 

仕事だから責任持たないと

仕事だから休むなんてありえない

仕事だから……

 

 

そうやって 『 休む 』 ってことを

やってはいけない、と

自分に言い聞かせて、根性で出社して

 

そうしたらさ、気付いたらフラフラしてたり

ココロが病んでいたりする。

 

私ね、初めて仕事をやった時

18歳。高校卒業してすぐ。

 

正社員で、友達と遊ぶ日は

早めに有休を申請して

課長を通して、許可取っていて。

 

そうしたら、前日の帰宅前

班長に 『 は?仕事だろ?? 』 って言われて

以前から課長通しているのに、って

とても悲しくなったのを覚えています。

 

それから特に、かな。

 

次に働き始めた歯科助手の仕事で

ストレスで毎回吐き気が襲ってきて

無理だーって休んだ時

 

罪悪感いっぱいだった。

 

職場に休むって言って

親にはバレないように、って時間を合わせて帰宅する。

 

車通勤だったから

ちょっと遠出して、時間潰して

時にはお弁当を車停めて、食べて

 

……その後は父の知り合いの所で働いてたから

短い時間で貰う給料がそれまでより一番良くて

 

『 こんなに楽でいいんだろうか…… 』

 

って更に罪悪感増えて

それからはもう休む度に罪悪感の嵐。

続けられない度に、社会不適合者だって自分責め。

 

 

で、一人暮らししたら

休んだらお金がって恐れが一人歩きして

何としてでもやらなきゃってなってた。

 

だけどね、私がそのループから抜けられたのは

派遣先で一緒に組んだ特別派遣員の

 

『 辞めることは逃げることじゃないよ 』

 

ってコトバが大きかったの。

何を、どんな思いを大事にしたいかってね。

 

 

今、雇われる仕事はしていません。

だけどね、休むってこと

働いていない時ですら出来なかったの。

 

何かしらやらないと落ち着かない。

何かしらやらないと、価値がない気がする。

 

何もできないクズでごめんなさい、とすら思った。

 

 

だけどチャレンジしたんだよね。

徹底的に休んで、頼って。

罪悪感にうおーってなって

 

それからは休むことって苦にはならなくなった。

 

カラダやアタマが休みたいと訴えているのなら

それを叶えてあげて。

 

 

だってあなたが本当は求めていることなんだもの。

 

それに、休まないでフラフラして

それで働くより

しっかり休んで元気に働く方がいいだろうし

 

ココロだとしてもね

一日休んで、自分と向き合うだけでも

見えてくるものだってあるんだからさ。