自分色の宝石 ~ 素直な思いにマルをつける ~

素直な思いに気付いて動きやすく♪素直な思いにマルが第一歩☆

ちょっぴり違う視点で見てみると

いつも見てくれてありがと。名古屋からお届けしています♪

 

『 ◎ 素直な思いにマル ◎ 』 

 

埜澤和未 ( のざわかずみ ) こと かずみん です。

 

 

色んな知識に触れて

色んなこと考えて

 

『 それが絶対だ! 』

 

と思い込んで

他はあり得ない、と否定して

 

 

それって、とっても可能性を狭めていると思わない?

 

 

もちろん、自分にとって不快で

フラットに見ても、合わない価値観というものはあるよ。

 

どうしても合わないから

もう見ないようにしよう、と選択したこともある。

 

 

 

だけどね、自分の中から沸き起こっている感情は

あくまで自分一人のもので

相手のものではないんだよね。

 

だから、価値観的にあり得ないって

相手に感情任せでぶつけたってエスカレートすることがほとんど。

 

普段から思うこと出してない人は

思いきって出してぶつけてみるのも一つの方法ではあるんだけどね。

 

 

考えたことある?

どうして相手がそういう考えをしたのか。

どうして相手がそういう思いを放ったのか。

 

『 客観的に見て 』

 

何度も、学生の頃私が家族に言われたこと。

 

自分を内観してたから、客観的に見ていたつもりだったけど

きっと言いたかったのは相手が、ということ。

 

一番大事にして欲しいのは自分の思いだけど

 

 

自分の素直な思いにマルをした上で

相手がどんな思いで……って描くと違う視点が見えてきたりする。

 

 

私は最近、相手の保身の態度が行動から見えた。

それによって、強制される感覚を覚えて

私も保身になっていたし、決めていた自分がぶれた。

 

強制される感覚を覚えても、決めていることがぶれなければ

「 あー、そーですか 」 で済むこと。

 

だけど、ぶれた。その理由もわかってる。

 

相手の発言によって、決められたのに

それを覆されたから 『 もっとお客さまを信じてよ! 』 って思ったし

私も、覆す行為によって信じられなくなった。

( 決めている自分を信じてよ!って叫びだったと思う。

 だからそんな自分を受け止めた上で、

 相手を信じられなくなった自分も受け止めました。 )

 

 

あくまで相手の視点を考えるのは

自分の解釈だけど

 

自分が主役のセカイを生きているから

周りが先か自分が先か、どっちでもいい。鏡ではあるから。

( 上記だと、保身の部分ね。 )

 

きっと、相手は信じる信じないってところは

考えてないと思った。

 

で、結局は 『 寂しかった。信じさせてほしかった。 』 ってところに

集約されるんだと思う。

 

まぁ、ちょっとね

最近印象がより良い方に変わったばかりの人だったんだよね。

だから余計ショックも大きくて

自分の未来に、その人の存在が描けなかったから

全部手放しただけなんです。

 

 

と、今なら言えるけど

昔だったらね、そうやって価値観の相違で離れてしまった人がいたら

立ち直るまでかなり時間がかかったし

何で!?って思うことも多かったしね。

 

 

ただね、言えることは

 

【 縁が切れても、必要だと戻ってきます 】

 

最近、上記の人きっかけで再度繋がった人がいて

まぁ、その為に必要だったのかもしれないね ( 笑 )

 

 

だからどんな価値観があってもいい。

ただ、自分の素直な思いにマルが出来たら

ちょっぴりでも相手の視点に触れてみると

また違う景色が見えることもあるんだよね。

 

理解する、しないはまた別のお話ね☆

 

 

★ 会員 募集中
◆ メルマガ 『 あなたが歩む人生アート 』
日常で活かせるものやリアル体験お届けします♪

【 メルマガ 】 あなたの手元により深いセカイをお届け♪
身近に感じることで受け取りやすくなる♪


◆ オンラインサロン 『 自分色の宝石箱 』
自分を生きて、表現していこう♪

オンラインサロン 『 自分色の宝石箱 』
笑顔の渦、広げていこう♪

 

★ セッション 提供中
◆ 単発セッション 『 トークリア 』
思いの整理をして生きやすく♪

単発セッション 『 トークリア 』
お話しながら思いを整理して素直な思いにマルしていきます。

 

☆ 埜澤和未 ( のざわかずみ ) こと かずみん ってこんな人

【 プロフィール 】 自分より他人だった人生
プロフィールと活動の思いはこちら。

お問い合わせフォーム