自分色の宝石 ~ 自己受容と感情解放で美しく ~

あなたはあなたを生きていい。誰もが素敵で、美しい宝石。

【 映画レポ 】 リアルとアニメの狭間で♪

 

見てくれてありがと。

 

埜澤和未 ( のざわかずみ ) こと

かずみん です。

 

名古屋からお送りしています♪

 

 

今日は連投。

前の記事では 『 東京喰種 』 の感想書いてます。

 

 

そして今回は 『 銀魂 』 の感想♪

 

 

特番では菅田くんの新八が自然でって言ってたけど

個人的には小栗くんの銀さんが自然すぎて

 

「 わー、銀さんがいるー 」

 

ってウキウキ♪

 

 

そして環奈ちゃんの神楽ちゃんがやばーい。

ここまでやりきっていると

観ている方も清々しいと言いますか ( 笑 )

 

 

剛くんの高杉がかっこよくてねー

岡田将生くんのヅラがいちいちかっこよくてねー

 

あぁ、もうみんな素敵でした♪

 

 

そして最初から最後まで銀魂だったよ!

 

原作&アニメを知っている身としては

銀魂の世界観をすごく大事にしているなぁって思った。

 

 

ネタバレ満載だけど

こんな記事見つけました。

 

www.animatetimes.com

 

二次創作やってた頃を思い出したんだよね。

このインタビュー見てて。

 

 

例えば元がゲームで

そのシーンを入れて漫画を描くってなると

 

自分のイメージする角度で描けるわけよ。

カメラワークを決められる、というか。

 

 

語られてない所は

自分のこうだったらいいな、を入れて

物語を作るわけでさ。

 

 

福田節を入れつつ

それでも控えめだったんじゃないかなって思う。

 

どちらかというと原作を大事にした上での

表現だったよねーって思うしね。

 

きっと福田節が入ってたら

福田組メンツがもっと色々やってる気がするし。

 

 

インタビューにもあったけど

CGのアニメっぽさというか

いかにもCGっぽさというか

 

それがあるからこそ、

実写なんだけど、実写っぽくない

 

リアル過ぎない、というか

 

原作は原作、アニメはアニメ、映画は映画

なんだけど

 

それらが繋がるような

銀魂、という作品だって

そんな感じがしたんだよね。

 

親しみやすいっていう感じ。

 

 

 

何かさ、実写化すると

作り方によって

すごくコスプレ感が出てしまったり

 

ダサく見えちゃったり

 

もう全然違う作品だっていう感じになっちゃったりするけど

 

 

銀魂に関しては

原作とは違うギャグを入れつつも

その世界観を壊さなかったと思うし

キャラの感じもすごくリアルで良かったなぁ♪と。

 

 

いやぁ、ちょこちょこ笑わせて頂きました♪

真選組も良かったなぁ☆

 

 

◎ 募集中
★ 随時募集中 ★
オンラインサロン 『 自分色の宝石箱 』

オンラインサロン登録


※ メニューはオンラインサロン会員さん優先で案内しています

 

◎ ご案内