自分色の宝石 ~ 自己受容と感情解放で美しく ~

あなたはあなたを生きていい。誰もが素敵で、美しい宝石。

敏感だから?繊細だから?

 

見てくれてありがと。

 

埜澤和未 ( のざわかずみ ) こと

かずみん です。

 

名古屋からお送りしています♪

 

 

色々感じやすい人は

空気、というか肌感覚で感じるんだよね。

 

敏感、とか繊細とか

そうやって言われるかもしれないね。

 

 

私もよく言われたし

まさかの家族に繊細って言われたり

( 家族には言われると思ってなくてね )

 

だからさ、やっぱりそうなんだなぁと思ったし

一時期、感受性が強いってことで

色々調べたこともあった。

 

 

でね、感じるエネルギーや感覚ってね

自分とリンクしやすい。

 

 

例えば、無言の空間。

それに対して恐れがあったり

怒りを感じるタイプの人は

それを強く感じてしまう。

 

それが事実であろうが無かろうがね。

 

 

でさ、そういう空間や感情を感じやすいあなたに

1つ聞きたいことがあります。

 

例えば、身の回りの

他人の怒りや恨みなど

ネガティブなものを感じたとして

 

あなたがそれに対して

何かしますか?

 

怒りや恨みをなだめようとする?

ご機嫌を取ろうとする?

 

勘違いかもしれない。

もちろん合っているかもしれない。

 

 

それで、あなたの行動は何か変わる?

 

もし、それを感じることで変わるのであれば

 

他人の気分に左右されているよ。

 

他人軸ってやつね。

 

 

他人がいるから、自分の中の思いに気付ける。

だから、そうやって何か感じて

自分の中で反応するものは

 

自分の本音に気付くもの、ってだけ。

 

 

それによって自分の行動が決められるってこともない。

 

自分の行動を決めるのは自分自身だから。

 

 

だからもし、何かを感じたとして

 

その時、自分に意識を戻してみよう。

 

外を見ないで、まず自分の内側に。

 

 

自分は何を感じた?

その感覚を感じていくと

何を思ったか、出てくる。

 

じゃぁ、どう行動したいのか

っていうのが見えてくるから。

 

 

問題を作り出しているのは自分だよ。

 

敏感だから?

繊細だから?

 

それを問題だと感じているのなら

自分に意識を戻すことを増やしてみてね。

 

それは利点としても使える。

 

敏感だったり

繊細だったから

 

だからこそ、自分の好きや心地よさに敏感になれるし

アンテナが立ちやすいんだから。

 

 

使い方次第だよ。

悪いものとして捉える必要なんてない。

 

 

 

◎ 募集中
★ 随時募集中 ★
オンラインサロン 『 自分色の宝石箱 』

オンラインサロン登録


※ メニューはオンラインサロン会員さん優先で案内しています

 

◎ ご案内