自分色の宝石 ~ 自己受容と感情解放で美しく ~

あなたはあなたを生きていい。誰もが素敵で、美しい宝石。

楽しさの後の虚しさを感じたとき

 

見てくれてありがと。

 

埜澤和未 ( のざわかずみ ) こと

かずみん です。

 

名古屋からお送りしています♪

 

 

仕事が休みの日

友達と遊んで、めっちゃ楽しくて

そして、いざ帰るとなったら

キモチが憂鬱でたまらなくて

 

帰りたくない、って思った時

 

あなたならどうしますか?

 

 

私はそういうキモチの時

自分のキモチを採用してました。

 

ダメかもしれない。

だけど、こんな状態で帰る方が危ない。

 

まるで命の危機か、というぐらいのキモチで

親に帰らないことを告げ

翌日の仕事は?と聞かれたら、休むと答えてた。

 

その仕事ね、休憩時間に友達に電話しまくってたんだよね。

死にたいとか、すっごい言ってた。

 

ずーっと、一本の線のギリギリで保ってた当時。

上司に許可を取って有給使ったのに

その下の上司が、仕事があるのに、と言ってきたことで

その線はプチっと切れて

 

「 もう、辞めてやる! 」

 

って泣きながら運転して、帰宅しました。

 

 

社会人になって、初めての仕事で正社員で。

セクハラ問題があって、異動した後の部署での出来事でした。

 

 

だからね、一時の楽しみの後に

がくーんと悲しくなったり、ざわざわしたり、もやもやするのなら

日常に対して、その感覚がある状態なんだよね。

 

でね、そういう時って

楽しまなきゃやってらんないってなるでしょ。

 

 

そういう息抜きも大事なんだけどね

それで誤魔化すのも、しんどいでしょ。

 

本当はどうしたい?

本当は、何を感じているの?

 

 

色んな理由が出てくるかもしれない。

 

そんな簡単に辞めちゃいけない

仕事しないといけないのに

親に何て言ったらいいんだろう?

 

 

辞める、という選択をしないにしても

今いるその場所で、何かしたいことはないかな?

 

さぁ、深呼吸して

あなた自身に意識を戻して。

 

誰かがどう、とかはさておき

あなたはその場所で、どうしたい?

そして、そこに留まるのか、離れるのかも見えてくる。

 

 

案外ね、思いきってみたら

周りは自分が思うより、文句言わなかったりする。

 

一度の選択、誇っていいの。

またキモチが変われば、違う選択にしてもいいの。

 

あなたの人生よ。

誰かの人生じゃないんだから。

 

 

◎ 募集中
★ 随時募集中 ★
オンラインサロン 『 自分色の宝石箱 』

オンラインサロン登録


※ メニューはオンラインサロン会員さん優先で案内しています

 

◎ ご案内