自分色の宝石 ~ 自己受容と感情解放で美しく ~

あなたはあなたを生きていい。誰もが素敵で、美しい宝石。

そもそも始まりは何だった?

 

 

見てくれてありがと。

 

埜澤和未 ( のざわかずみ ) こと

かずみん です。

 

名古屋からお送りしています♪

 

 

 

 

イヤやなぁ

だるいなぁ

しんどいなぁ

 

そんなキモチで仕事したい?

 

 

 

仕事多いなぁ

悩むわー

 

周りに頼ってもいいやん?

 

 

 

迷惑かけるかもしれないし

あの人も仕事多いし

 

得意分野が違ったら、補い合えるかもしれないやん

 

 

あなたの本音は一体なぁに?

 

 

 

 

仕事ね、私は15社で働いて

短いところだと2ヶ月で辞めたこともある。

 

 

2ヶ月の所は、

自分がその仕事をしたい理由が

そもそも叶わないことを知って

先輩と相談して、上司と話して辞めた。

 

だけど、そこでの体験が接客の基礎になった。

だから短くても必要な体験だったと思うんだ。

 

 

でね、クビになることもあったんだけどさ

協調性がないって言われたことがあって。

 

自分では精一杯やってた。

朝は会社の人とよく話していたし。

 

だけど、お昼御飯一緒に食べないことが決め手だったんだって。

行けるような状況じゃなくて

自分の仕事と同じ仕事やっている人がいないから

わからないだろうって決めつけてたんだよね。

 

もしかしたら、聞いたらやってくれるかもしれない。

頼っても無理なら仕方ないんだけどね

 

電話番ぐらいだったから、頼んだの。

夕方にお昼食べるとかあったんだけど、そういう時ね。

自分が頼めると思ってる仕事だけ、言ってた。

 

ココロの中は終わらないーって泣き叫んでたのに。

( 当時は通販会社の事務やってたんだけど、

  時間の制約の中でやっていかないといけない仕事だったんです )

 

 

だからこそ思うんだよ。

何でもかんでも、自分一人でやらなくていいから。

 

もしかしたら自分しか出来ない仕事、だと思っているそれ。

他の人も出来ることかもしれないよ?

 

 

何で、その仕事を選んだのか。

 

そういう初心だったりさ

 

例えばお金の為に働くにしても

仕事をだるいって思いながらやるのと

そこでの楽しみや自分なりの心地よさを見つけて

仕事の中でやれることをやってみればいいんだよ。

 

だるいって思いながらやったところで

自分がしんどいだけやん、ね☆

 

 

で、選ぶのはあくまで 『 今 』 の自分でさ

 

目の前にある環境はそれはそれ、として受け止めてみて

 

自分がどんなキモチを感じたいのかとか

何をやりたいのかとか

どういうのを求めているのとか

 

現状は受け止めたとして

それをちょっと横に置いて

条件とかぜーんぶ取っ払って

どんな選択をしたいのか、選んで行こう。

 

 

だってさ、今感じているその状況は

感じている今、はどうやっても変わらない。

だけどほんの少しでも時間軸がズレた 『 今 』 は変わる可能性がある。

 

だからこそ、受け止めるのは受け止めるけど

選ぶのは色々取っ払った上での、溢れてくる思いで動いていいんだよ。

 

 

 

◎ 募集中
★ 随時募集中 ★
オンラインサロン 『 自分色の宝石箱 』

オンラインサロン登録


※ メニューはオンラインサロン会員さん優先で案内しています

 

◎ ご案内